Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#857 肉巻き弁当


  • 肉巻き
  • サツマイモのレモン煮
  • マカロニサラダ(セロリ・キュウリ・赤パプリカ・ハム)
  • プチトマト
  • ごはん(ゆかりふりかけ)

 5月9日(月曜日)に作った息子のお弁当です。

 ゴールデンウィークも終わってしまいました。私は体調を崩してグダグダしていましたが、みなさんは楽しい練習を過ごされたと思います。

 心機一転、本日からまたお弁当作り開始です。

 本日は珍しく5時半からダラダラとお弁当作りを開始。ご飯を炊き、すべてのオカズを一から手作り。なので、完成したときには時計は6時半をまわっていました。

 たかが3品のオカズなのに、段取りを何も考えないと1時間ぐらいは余裕でかかるものですね。なかなか貴重な体験となりました。





 マカロニサラダはマヨネーズを使わずに、キューピーのバジルドレッシングで和えてみました。この方がサッパリするかも。





 肉巻きの詰め方が雑になってしまいました。思ったよりも細めだったので、「入るかなぁ」と思い、ぎゅーぎゅーに詰めました。



 なお、今朝のお弁当作りの段取りは割愛します(1時間かけて、だらだらゆっくりお弁当を作ったため)。

 その代わり、少しだけ写真付きで肉巻きのレシピを。


インゲン・人参の肉巻きの作り方

  • インゲンは茹でて5cm幅ぐらいに切っておく(本日は耐熱皿に並べてラップをしてレンチン)。
  • 人参は細かいせん切りにし、塩をふって放置。しんなりしてきたら水分を絞る。
  • 豚ロース薄切り肉(モモ肉でも可)を広げて、小麦粉を少しパラパラふり、人参・インゲンをのせてクルクルと巻いていく。気持ちキツめに(なので、人参があると楽です。せん切りした人参がクッション代わりになってくれます)。
  • 巻いた肉巻き全体に片栗粉をまぶす。
  • よく熱したフライパンに油を注ぎ入れ、肉巻きを静かにおいていく。このとき火加減は中火より少し弱めぐらい。ここでコロコロしたいところですが、最低30秒〜1分は我慢。ここでコロコロすると崩れたりする原因に。焼き色がついたら少しずらして焼く....を繰り返して全体に焼き色をつけていく。

  • 全体に焼き色がついたら弱火にして、そこに醬油:みりん:酒=1:1:1に併せた調味液を注ぎ入れ全体に馴染ませていく。

  • 汁気がなくなりとろみがでたら完成。