Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#851 海老フライ弁当


  • 海老フライ
  • 小松菜とハムの塩コショー炒め
  • 簡単コールスロー
  • プチトマト
  • ごはん(のりたまふりかけ)

 4月19日(火曜日)に作った息子のお弁当です。

 早起きできた分、時間に余裕がありました。ノリノリで海老フライを作りましたが・・・海老が大きすぎて詰めるのに四苦八苦。結局海老を半分に切り3尾詰めました。正直「これはないよなぁ」と思う本日の詰め方でした。





 今朝のお弁当作りの段取りを表にしてみました。




主菜
海老フライ
副菜1
塩コショー炒め
副菜2
コールスロー
その他
ご飯、プチトマト他
海老の皮、背わたをとるなど下ごしらえをしたらいったん冷蔵庫へ。 ご飯をレンチン。
ソースをタレ瓶に入れる。 ハムを切る。 キャベツと人参をせん切りしてボウルへ。塩をふっておく。
熱したフライパンに小松菜(下茹で済み)とハムを投入し炒める。味付けは塩コショー。味が馴染んだら【完成】。
鍋に揚げ湯を入れて火にかけておく。 しんなりしたら水気を絞って、すし酢・マヨネーズ・ブラックペッパーで味付けしたら【完成】。 ご飯をお弁当箱に詰める→海苔玉ふりかけをかける。
海老に小麦粉→卵→パン粉の順で衣をつけていき、油で揚げる。全部揚げたら【完成】。 お弁当箱に詰める。 お弁当箱に詰める。
冷めたらお弁当箱に詰める(海老が大きかったので半分に)。 プチトマトを隙間に詰める。
お弁当完成!





 すごく形良く揚がった海老フライを半分に切るのは勇気が要りました。でも、切らないと詰められないので・・・と、葛藤すること5分ぐらい。

 お弁当には小さめの海老のほうが扱いやすいですね。良い勉強になりました。

 お弁当箱に収まらないのではないかと思われるかもしれませんが、意外と蓋はしまるものです。ただ、この後、蓋をあけてはいませんが・・・。




 それから、海老を揚げるときは火傷に注意です。本日間一髪でした。