Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#849 鶏の唐揚げ弁当


  • 鶏の唐揚げ
  • サツマイモのきんぴら風
  • キュウリとカニカマの酢のもの
  • プチトマト
  • ごはん(ゆかりふりかけ)

 4月15日(木曜日)に作った息子のお弁当です。

 鶏の唐揚げ弁当です。冷凍しておいた鶏肉をレンチン解答する分、5分ぐらい余計に時間がかかっています。前の晩に冷凍庫から冷蔵庫に戻して自然解凍しておくのが理想ですが、すっかり忘れました。





 今朝のお弁当作りの段取りを表にしてみました。




主菜
鶏の唐揚げ
副菜1
きんぴら風
副菜2
酢のもの
その他
ご飯、プチトマト他
鶏肉を解凍レンチン(2分→1分→1分。いずれもひっくり返しながら)。レンチンしている間に生姜をすり下ろして、生姜汁に塩を少し加える。
鶏肉を生姜汁に漬け込んで、いったん冷蔵庫へ。 キュウリをせん切りし、塩を少しふる。 ご飯レンチン。
サツマイモ、人参をせん切りする。 ご飯をお弁当箱に詰める→ふりかけかける。
フライパンを火にかける。 キュウリの水分を絞り、カニカマをほぐして米酢&すし酢で味付け→【完成】
揚げ油の入った鍋を火にかける。 せん切りしたサツマイモ、人参を炒める(このとき中火)→サツマイモの色が濃くなってきたら、みりん・淡口醤油・酒を加えて汁気がなくなるまで炒める(このとき弱火)→お皿に盛りつけてから黒ごまふる→【完成】
鶏肉に衣(片栗粉と粉タイプの唐揚げ粉を混ぜたもの)をまぶして揚げる。→全部揚げ終わったら【完成】 揚げている間にお弁当箱に詰める。 揚げている間にお弁当箱に詰める。
冷めたらお弁当箱に詰める。 プチトマトを適当な場所に詰める。
お弁当完成!





 今日は、5時50分からお弁当を作り始めて、完成したのは6時25分だったので少し時間かかりました。鶏肉をレンチン解凍する時間が余計でした。

 生姜汁に漬ける行程を省けばもう少し時短できますが、生姜汁に漬け込むと臭みも消えるし、なにかこう・・・鶏肉の食感が「じゅわーっとしていて、かつ口の中にフワーッ感が広がる」んですね。揚げたてならば美味しいのは当たり前。お弁当は冷えた状態で食べるので、10分ぐらい余計にかかったとしてもその辺は省かないようにしています。

 揚げ物なので、たぶん酸っぱい物が食べたくなるだろうなぁと思い(息子は大の酢物、ポン酢好き)、あえて酢のものにしました。米酢とすし酢を混ぜた物で和えています。すし酢は、「ちょっといいすし酢」をストックしておくと便利です。



内堀醸造 美濃特選すし酢 360ml


 私はいつもこれをリピート。まろやかで、甘みもあって私好みの味です。ドレッシングとして使うことも度々。