Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#809 厚揚げのオイスターソース焼き弁当


  • 厚揚げのオイスターソース焼き
  • がんもどきと大根・人参・コンニャクの煮物
  • ピーマンの焼き浸し
  • うずら豆の甘煮
  • プチトマト
  • ご飯(胡麻ふりかけ)

 今朝作った息子弁当です。

 手抜き弁当です。インゲンの肉巻きを作ろうと思ったのですが、なんだか気が乗らなくて、厚揚げをフライパンで焦げ目がつくぐらい焼いてオイスターソースでからめただけの簡単おかずに変化しました。

 涼しいのをいいことに昨日の朝作った煮物も入れました。




 ただ曲げわっぱ同様、このお弁当箱の不思議なところで....そんな手抜き弁当でもそれなりに見栄えがするような気がしました。




 また、ご飯の量は以前使っていたプラスチック製の2段式お弁当箱と変わりありませんが、不思議と息子はご飯を残してきません。細く見える分だけ見た目の表面積が少なく感じるのか、やはり見栄えがいいからついつい食べてしまうのか、その辺は分かりません。

 このお弁当ブログを始めた頃は、「スリムタイプのお弁当箱は何となく貧相かなぁ」と勝手な先入観を持っていましたが、いざお弁当を作る立場、実際にお弁当を通学に持参して食べる立場になってみるとそんなことは全然なかったかもしれない....と思うこの頃です。

 確かに、ずっと昔はあまり聴かなかった外国のアーティストが20年以上も経って、しかも当人たちが解散してから「なんかこの歌いいかもしれない。どうしてリアルタイムで聴かなかったのかしら?」と不思議に思うこともあるだけに、人間の気持ちは移ろいやすいということで(^_^;

 お弁当から話が反れますが、いい例がOASISとか、Guns N' Rosesとか・・・いい歌だよなぁ、と今さら。リアルタイムでは全然ダメでした。