Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

豚細切れ肉を使った簡単生姜焼き


 息子のお昼ご飯に作ったのでご紹介。

 この夏は、生姜、唐辛子、すし酢がマイブームなんですが....この生姜焼きは作り方が簡単でとっても美味しいです。

 以前ご紹介した「#764 豚細切れ肉の生姜焼き弁当」と同じ作り方ですが、生姜を皮付きのまますりおろして、それをそのまま使います。みりんと淡口醤油を加えてタレを作っておくのがポイント。




 下味もせずにお肉を熱く熱したフライパンに並べ、強めの中火で一気に加熱。このときかき混ぜたくなりますがそこはグッと我慢。少ししてフライパン側のお肉に焦げ目がついてきたら、そこでようやくお肉をかき混ぜていきます。このとき肉汁が出てくるのでそれをキッチンペーパーで丁寧にふきとっていきます。

 だいたい火が通ったところで火加減を中火にしてタレを投入。全体に味をからまえていきますが、タレの水分がなくなりとろみがついてきますので、それが出来上がりのポイント。お皿に盛りつけて、とろみがついている生姜のたれもかけてできあがり。

 これはお肉300〜350gぐらい。生姜は2〜3カケぐらい。甘みはお好みだとは思いますが、我が家の場合、みりん:淡口醤油は1:1ぐらいの割合?そこは目分量なのでなんとも言えず。お肉にからめていくうちに味が濃くなっていくので、タレの段階ではそんなに味が濃くなくても大丈夫。

 ご飯がすすみますね(^^)