Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#764 豚細切れ肉の生姜焼き弁当


  • 豚細切れ肉の生姜焼き
  • ゆかりポテトサラダ
  • ピーマンと高野豆腐の炒め物
  • ご飯
  • 梅干し

 今朝作った息子のお弁当です。

 昨日とあまりビジュアルの変わらないお弁当ですが、今朝は料理人笠原さんのこのお弁当レシピ本の表紙にある「豚の生姜焼き弁当」にならい、豚細切れ肉の生姜焼き弁当を作りました。




和食屋の和弁当 ― 毎日食べたい、しみじみうまい。

和食屋の和弁当 ― 毎日食べたい、しみじみうまい。


 いつもは生姜汁・みりん・淡口醤油をまぜたタレに豚肉を漬け込んでから焼いていきますが、今朝は豚肉を強火で炒めてから、最後にすり下ろした生姜・みりん・淡口醤油を混ぜたタレをかけて全体に味をからめてみました。




 写真に撮っておきましたが、大量のすり下ろし生姜です。よーく洗って、皮ごとすり下ろしました。すり下ろしたばかりの生姜です。たぶん2カケ半ぐらいすり下ろしました。




 結果、こちらのほうが数倍美味しいですね。もともと生姜が好きということもありますが、みりんを入れているのでタレにとろみがついてお肉全体に味がからみます。生姜の風味もバッチリでお肉のくさみもどこかへ。これなら晩ご飯のオカズにもいけそうです。早速近々作ろうと思います。

 ポテトサラダはレンチンして柔らかくしたジャガ芋にマヨネーズ、ゆかり、隠し味に柚子胡椒加えてみました。お酒のつまみみたいですね。