Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#706 鶏の唐揚げ弁当


  • 鶏の唐揚げ
  • ほうれん草と厚揚げの煮物
  • 人参・コーンのタラコ炒め
  • プチトマト
  • ご飯(のりたま)

 今朝作った息子弁当です。

 息子のリクエストに応えて、またまた鶏の唐揚げを作りました。

 今日は生姜汁、塩、淡口醤油で下味をつけました。でもやっぱり生姜汁が多め。衣は市販の粉タイプの衣に片栗粉をまぶしたもの。塩加減が難しいですが、今日のは下味もしっかり馴染んでちょうどよい感じ。ちょっといい鶏肉を使ったからなのかジューシーに仕上がり美味。




 副菜は、またまたお弁当に欠かせない野菜のほうれん草や人参を使ったありきたりなもの。

 煮物は少し煮すぎてしまって、ほうれん草の色が悪くなってしまいましたが....味が大事なのでまあ(^_^;)

 ほうれん草と言えば、昨日八百屋さんに行ったところ、ようやく「ちぢみほうれんそう」が店頭に並んでいました。1束150円でした。泥もいっぱいついているし、手にとってはまた店頭に戻してしまう人も何人かお見かけしましたが....本当にちぢみほうれんそうは美味しいです。甘くてアクも少なくて味付けするのが勿体ないくらい。

 ちぢみほうれん草を知るまでは....正直苦手な野菜だったほうれん草。お陰様でいまは大好きな野菜に(^^)

 ちなみに野崎洋光さんの本によれば、ほうれん草のアク抜きは茹で上がったあとすぐに冷水(氷りゴロゴロ)に浸すといいそうですよ。


野崎洋光の野菜料理帳―体がよろこぶ大地のうまみ

野崎洋光の野菜料理帳―体がよろこぶ大地のうまみ