Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#700 豚細切れ肉の生姜焼き弁当


  • 豚細切れ肉の生姜焼き
  • ほうれん草とカニかまのキャベツのうまたれ和え
  • 大根・人参・油揚げのさっと煮
  • プチトマト
  • ご飯(のりたま)

 今朝作った息子弁当です。

 記念すべき700個目のお弁当ですが、ありきたりの普通弁当です。こういうときこそ平常心(^_^;

 といっても、久しぶりに作った豚の生姜焼き、とっても美味しくできました。作り方は簡単。ブタ細切れ肉に生姜汁・みりん・淡口醤油を混ぜ合わせた調味液を加え10分ぐらい漬け込みます。各調味料の比率は、生姜汁・みりん・淡口醤油=2〜2.5:1:1ぐらい。

 熱したフライパンに漬け込んだ豚肉を一気に投入。トングでフライパン全体に行き渡るように豚肉を配置。しばらくそのままにしておきます。このときの火加減は中火から少し強めの中火。肉汁が出てきたらトングで豚肉を裏返し、赤いところがなくなるまで焼いていきますが、このときに出てくる肉汁をキッチンペーパーで拭き取るのがポイント。

 仕上げに甘めの鹿児島の濃口醤油を全体に少し加えて味を調えできあがり。

 ということで、この生姜焼きは甘辛の「甘」が強めの味付けです。




 副菜はこれといって工夫したところがありませんが、キャベツのうまたれは市販の黒酢系調味料。そういえばこれも福岡博多発祥(私は九州の調味料が好きなのかも)。最近近所のスーパーではあまりみかけなくなりましたが、たまに何処かで見かけると必ず購入。我が家の万能調味料のひとつ。


[rakuten:kyotominaga:10000201:detail]



 話題が切り替わりますが、お正月に切った指先....順調に回復しています。

 ただ、まだ保護のために炊事のときは絆創膏を貼っていますが、ケアリーヴの強力タイプの絆創膏が一番良かったですね。粘着力が強くて水仕事をしていても剥がれないし、適度に厚みがあるのでそれがクッションになって傷みが緩和されたみたいです。ただ、Lサイズがなかなか売っていないのが難。

 どうせ花粉症対策でマスクを大量に購入する予定でいたので、ついでにこの絆創膏もネットで購入しようかと思っているこの頃。ちなみにMサイズは薬局でもよく見かけます。他のと比べてお値段は少し張りますが、それだけのことはあります。