Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#697 豚ロース細切れ肉の唐揚げ弁当


  • 豚ロース細切れ肉の唐揚げ
  • 京人参とコーンのきんぴら風
  • ほうれん草と油揚げのさっと煮
  • プチトマト
  • ご飯(緑黄色野菜ふりかけ)

 今朝作った息子弁当です。

 やはり早いタイミングで、我が家の定番すぎるお弁当のオカズの「細切れ肉の唐揚げ」が登場しました。

 いつもは豚肉でも部位ごちゃ混ぜの細切れ肉で作りますが、今回はロース肉の薄切り。というのも、これが特売されていたからなんですが、豚ロース薄切り肉は脂身も少ないし唐揚げに合うように思いました。

 いつも通りたっぷりの生姜汁とちょっとの塩で漬け込み15分。市販の粉タイプの唐揚げ粉(この記事の一番上の写真を参照。上の段の左から2番目の日清の唐揚げ粉をずっと愛用):片栗粉=1:1.5ぐらいで混ぜた衣にまぶして揚げています。

 冷めると生姜風味がよりいっそう引き立って美味しいです。お正月にこれを大量に作って姑宅に持参しましたが評判良かったです。




 お正月が終わると京人参も値崩れ。2本198円で購入しました。私は西洋人参よりも和風な感じがして京人参が好きなんですけど、お正月を過ぎると殆ど見かけなくなってしまうのが残念。

 これからはいよいよ大好物の「ちぢみほうれん草」が店頭に並びます。

 私が住んでいるところでは、まだまだちょっとお値段お高めのスーパーでしか見かけませんが、もう少ししたら大量に見かけることができるかな。ターツァイみたいに地を這うように葉っぱが花開いているのが特徴です。泥を落とすのが手間かかりますが、茹でると甘みが増し、本当に美味しいです。アクも少なめ。栃木産のものが有名。