Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

和食好きなら是非一度は中身を見て欲しい料理本「和食大好き!」

 今日は夕方から急に冷え込みが厳しくなりました。

 そんな寒い中買い物に行きましたが、急に煮魚が食べたくなり赤かれいを購入。卵がいっぱい入っていて、見るからに美味しそうでした。ただし、カレイの煮つけって....いつも自己流でなんだか作ってもパッとしません。

 そういえば、家の本棚の奥にしまったままになっていた料理本があったはず....と探すこと10分。見つけました!




 和食と言えば野崎さん....ではないですが、この方の料理本は分かりやすく、そしてその通りに作っても本当に美味しいです。さて、カレイの煮つけのページを見つけ、その通りに作ってみることにしました。




 煮る前にカレイを「霜ふり」して、調味料は6:1:1=(水+酒同量):淡口醤油:みりん、と。ただ、私には少し塩辛く感じたので、水を少しを足し、砂糖も少し足しました。こういう風に割合で書いてあると自己アレンジしやすいですね。最初に野菜を煮て、カレイを投入したら8分以内で煮て仕上げる、と。

 と、本当に忠実に作ってみたのがこれです↓。ビジュアル面は多少自己流になっていますが、その辺はご了承下さい(^_^;)




 私だけが出来たてのアツアツを食べましたが(夫は残業、息子は塾で不在)、ほろほろで美味しかったです。正直、「お酒、こんなに入れるの?」と不安になりましたが、入れて正解。そのお酒が魚の旨みを引き出し、生臭さを消しているんですね。

 ということで、本棚に眠っていたこの料理本を改めて見直してみれば、曖昧だった部分が解決されるようなことがいっぱい書いてあり、しばらくこの本に掲載されている料理を作ろうと思います。

 和食好きな人で、私のように「なんとなく自己流。基本をきちっと理解したい」という人には是非ともオススメしたい料理本ですが、残念ながら絶版になっているようですね(2005年発刊)。絶版になった理由が分かりませんが、Amazonでは中古本が手に入るようです。

 しかし、この本の定価1000円に対し、中古本はなんと2800円ぐらいから5000円ぐらいです....た、高いです(◎-◎;)


おいしい・かんたん 和食大好き!

おいしい・かんたん 和食大好き!


 最近はネットで簡単にレシピ検索できますものね。「きょうの料理」での野崎さんのレシピ検索結果をご覧になって、それを参考にしてもいいかもしれませんね(^^)