Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#644 ズッキーニ・ブラウンマシュルーム・チーズ入り卵焼き弁当


  • ズッキーニ・ブラウンマシュルーム・チーズ入り卵焼き
  • 人参とブラウンマシュルームの出汁煮
  • 枝豆の塩麹漬け
  • プチトマト
  • 赤カブの甘酢漬け(市販)
  • ゴボウのピリ辛漬け(市販)
  • ご飯

 今朝作った職場に持参した自分のお弁当です。

 先週に引き続き、今週も頑張って苦手な玉子焼きを作りました(先週の玉子焼き弁当はこちら)。

 見た目は今週のほうが....まあなんとか少し上達したように思われますが、あら不思議、先週のほうが何故か私好みの味でした。今日のはキッシュに近い感じ?!何が違うのか私には分からず(^_^;)

 実は昨晩は息子にトマトソースパスタを作り、ブラウンマシュルームとツナを入れました。

 ブラウンマシュルームが大量に余ったので、2/3は人参と煮て、残りの1/3は薄切りにして玉子焼きに。時短のため薄切り作業や煮る作業、枝豆を茹でる作業は全て昨晩のうちに済ませ済み。今朝はご飯を炊いて、玉子焼きを焼くだけにしました。




 久しぶりに登場した大好物の丸越のお漬け物ツートップ。彩りも良いですし、2週間ぐらいは日持ちするお漬け物です。今日のお弁当は私の好みが100%反映されました(^^)


 さて、昨日だったかネットのとある掲示板で興味深い書き込みを見ました。

 「毎日作るお弁当とか晩ご飯をブログに日記としてアップしている人は何が目的なのか?」といった内容でした。書き込んでいる人が考えるには「1.自己満足、2.自慢、3.自己アピール」だとのことでしたが、その書き込みを見て私も考えてみることに....。

 自慢するならば失敗して焦がした主菜がメインのお弁当は載せないだろうと思いますし、自己アピールするほど熱心に更新している訳でもなし。一番近いのは自己満足カテゴリーの中の「お弁当作りへのモチベーションアップ」が一番近いでしょうか。

 匿名ではありますが、こうして自分が作ったお弁当をアップするということはココロのどこかで「不特定多数の方に見られる」という意識があります。それが刺激にもなり、励みにもなり....時々面倒だと思っていてもお弁当作りを続けられるのではないかと。

 自分だけのお弁当を作っているわけではなく、息子のお弁当作りがメイン。

 毎日毎日となってしまうとどうしてもお弁当作りそのものが「作業」になりがちです。作業として流れてしまうとなんというか「作っただけ」で終わってしまい、その後へのステップアップに繋がらないなぁと私なりに思いました。

 お弁当は冷えた状態で食べることが前提。私の場合は....私が作ったお弁当を食べるのは息子です。

 ですが、実を言うと....作っている私でもどのオカズがお弁当に向くか分からないでいます。「温かいうちに食べて美味しいもの」と「冷たくなっても美味しいもの」が必ずしもイコールにはならないんですね、お弁当の場合は。

 ですから、こうして日々繰り返し作ったお弁当をアップして、その日その日にお弁当作りのときに思ったこと、感じたこと、息子の反応などを書き連ねていくうちにお弁当作りへの意欲が増し、それが「単なる作業」から「楽しみ」になるんじゃないかと思っているわけです。

 作っていくうちに、このお弁当箱がいいとか、このお弁当グッズがお気に入りだとか、この調味料がお気に入り....なんていうことも出てきます。

 最初は自分のための備忘録としてそういった記事をアップしていましたが、それはこのブログをご覧になったかたが何かの参考になればいいなぁという気持ちもどこかで芽生えてきました。もちろん、それは押しつけではなく。

 ということで、まとまりありませんが、そんな気持ちで私は作ったお弁当をブログにアップし続けています。かれこれ、まる3年になります。継続は力なり....を信じて、これからも「ゆるり」と続けていくつもりです(^^)