Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#626 酢カジキ弁当


  • 酢カジキ
  • キュウリと枝豆と塩麹の浅漬け
  • ゴールデンキウィ
  • プチトマト
  • ご飯(のりたま)

 今朝作った息子弁当です。

 しかし、今日は見事にフライング。息子は今日から期末テスト(二期制のため)が始まり、実はお弁当は要らなかったのです。それを知ったのが、酢カジキを作り終えたときに息子から言われた「今日はお弁当要らないけど....」という非情な一言だったり。

 でも、カジキを生姜汁に漬け込んで(生姜も刷りおろして)片栗粉まぶして揚げて、野菜炒めて合わせ調味料で味付け....なんて手間暇かかることをした後だっただけに「お願いだからお弁当箱に詰めさせて〜。家に帰ってきたらお弁当食べて〜!」と強引にお弁当作りを続行したというオチです。ですので明日もお弁当作らない予定です。




 「なぜ、カジキなのか?」とお思いの方もいらっしゃるかとは思いますが、豚肉だと火が通るのに時間かかるし、揚げすぎるとお肉硬くなるし、冷えると食感イマイチなんです。もちろん、出来たては美味しいです。

 カジキ単体では非常に味は淡泊ですが、生姜汁に漬け込んで片栗粉まぶして揚げて酢豚風に仕上げると....食感も良いし(柔らかいし臭みもない)、冷えても美味しいのです(^^) 豚肉よりは原価高いですけどね。酢鶏もなかなか美味しいですよ(酢鶏も過去に作ってます)。

 酢豚の合わせ調味料は、ケチャップ:醤油:砂糖:酢=1.5:1:1:1(1=大さじ1)が基本。これに水カップ1/3〜1/2程度と片栗粉小さじ1を加え、よく混ぜておきます。あとはお好みで各々の分量を調整してみて「自分好みの味」を見つけてみるのもいいかもしれません。

 手間暇かかりますが、たまにはこういうお弁当も良いのではないでしょうか? ....今回我が家の場合は日の目を見ませんでしたが(^_^;)