Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#567 豚肉と南瓜の塩麹炒め弁当


  • 豚肉と南瓜の塩麹炒め
  • ゴボウの竜田揚げ
  • ほうれん草のなめ茸和え
  • プチトマト
  • ご飯(のりたま)

 今朝作った息子弁当です。

 今週は月曜日、火曜日と体育祭の振替休日だったため、お弁当作りはお休みでした。

 さて、今日から曲げわっぱのお弁当箱を替えました。これは保冷対策が目的ですが(この辺の記事を参照ください)、久しぶりにこのはんごう型の曲げわっぱに詰めてみると....オカズがとても詰めやすいですね。ただし、撮影時の構図とかお弁当の置き方が安定していないので、しばらく構図がコロコロ変わるかもしれません。

 昨日、ブラックタイガーが特売だったのでお弁当に海老フライと思いましたが、思い出してみれば今朝は朝練の日。いつもよりも早めにお弁当を完成させなければならいないので、それはやめにして急遽豚肉と南瓜・空豆塩麹炒めにしました。

 豚肉は生姜汁と塩少々加えて下味をつけておきます。南瓜は適当な大きさにカットし耐熱皿に並べてチン。柔らかくしておきます。空豆は茹でて皮を剥いておきます。豚肉に片栗粉を少し加え全体に馴染ませてからフライパンでソテー。色が変わってきたら南瓜と空豆を加え少し炒めます。最後に塩麹を加えて全体に味を馴染ませ完成。

 生姜風味がインパクト大な上に豚肉もジューシー。塩麹が優しい味わいに。もしかしたら、時間が経っても美味しいかもしれません。




 見た目地味ですが、意外と手がかかっているゴボウの竜田揚げ。

 ゴボウは5cm幅ぐらいに切って、太い場合は更に2等分。水にさらしておきます。鍋にだし汁(白だしみたいなもの)、酒、水、砂糖、淡口醤油を合わせて調味液を注ぎ入れ、そこにゴボウも投入。5〜6分煮てから汁毎お皿にあけ、冷めるまで放置。冷めたら片栗粉をまぶして揚げるだけ。煮すぎると塩辛くなるので注意です。




 これ、本当に美味しいです。きんぴらよりも楽だし(切るのは)、なんといっても一度食べたらどんどん進んでしまう不思議なゴボウマジック。余ったものは常温で保存して、夜、私のビールのお伴にします(これを作ると、不思議とビールが飲みたくなります)....(^_^;)