Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#547 ヘルシー青椒肉絲弁当


  • ヘルシー青椒肉絲
  • 人参と辛子明太子の炒め煮
  • サツマイモとハムのチーズ焼き
  • プチトマト
  • ご飯(ゆかりふりかけ)

 今朝作った息子のお弁当です。

 今朝は朝練のため、5時に起きてお弁当作りです。

 今朝のお弁当のオカズはあまり考えてなかったのですが、とりあえず主菜は「青椒肉絲」とだけ漠然と。が、しかし、予め買っておいた豚ロース薄切り肉がなんとなくボリューム不足(130gぐらいしかなかった)。これではお弁当と息子の朝食をまかなえないと思い、急遽「油揚げ」を入れることにしました。

 豚肉は細長く切り酒を加え10分ぐらい放置。油揚げは1枚を細長く切っておきます。ピーマンは小さめ3個を細長く切っておきます。豚肉に少し片栗粉をまぶしフライパンで炒めたら一端取り出します。次に油揚げとピーマンを炒め、最後に豚肉を再投入。オイスターソース・砂糖・醤油を混ぜた合わせ調味料で味付けしてできあがり。いちおう、油揚げを使っているので「ヘルシー青椒肉絲」とさせていただきました。

 最初は油揚げって食感がどうか心配しましたが、意外や意外、味が染みこんで美味しいです。

 思い出してみれば、上海に住んでいた頃、中華料理の精進料理屋なるお店に行った頃がありまして....そこで食べた青椒肉絲はお豆腐の皮(湯葉のもう少し太いもの)を使ってお肉代わりにしていました。食感がお肉そっくりで美味しかったです。

 探してみれば....写真ありました。2005年に撮ったものです。




 これ、全部お豆腐の皮です。中華街などにいけば「豆腐皮」などという品名で手に入るのかもしれませんね。とりあえず私は油揚げで十分です(笑)。

 ちなみに、これもそのお店で食べたもの。ゆり根とアスパラの塩炒め。赤いのはクコの実。これも美味しかったです。




 お店のテラス席。接客も良いし、なんといっても子連れに優しいお店でした。




 当時から8年経過していますが、まだお店残っているのかしら?日本人が多く住む古北新区にある「棗子樹」というお店でした。確かオーナーは台湾人だったはず。

 なお、リンク先は上海市内のお店。新天地とか伊勢丹の近くだったと思います。

 古北新区は上海で生活している日本人にとっては知られた場所ではありますが、市内からタクシーで20〜30元かかるので、旅行で訪れた人には行きにくい場所かなと思います。いずれにしても日本語メニューもあるので、上海へ旅行される機会があったら是非立ち寄ってみては如何でしょうか?