Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#526 鶏ムネ肉のスパイシー焼き弁当(家弁)


  • 鶏ムネ肉のスパイシー焼き
  • ほうれん草のカラフル炒め
  • 人参のダシ煮
  • イチゴ
  • 赤カブの甘酢漬け
  • ゴボウのピリ辛漬け
  • ご飯

 久しぶりに作った家で食べる自分弁当です。

 一昨日はボランティア、昨日は仕事と外で昼ご飯を食べ、さらに夕食も軽くなりがちでした。どうも野菜不足感があるので、今日はしっかりと野菜をいっぱい食べる目的で「野菜増強お弁当メニュー」で。とは言っても、昨日買い物していないので中途半端に余っている野菜を活用しています。

 主菜はスーパーで安売りしている加工済みの味付け肉。焼き肉用の味付け肉は味が濃すぎるのであまり買うことがありませんが、この鶏ムネ肉のスパイシー焼きはお肉も柔らかくて味も濃すぎないので何度かリピート。たまにはこうやって主菜を手抜きすることも必要ですね。

 お弁当の彩りといい、お弁当を包む布(濱文様のオンラインショップで購入できますが、人気商品のようですぐに品切れになるみたいです。こまめにチェックするといいみたい)といい眼がチカチカしそうなカラフルさですが、週の始めはこれぐらいカラフルのほうがテンションあがりますね。

 八王子のスギ花粉もだいぶ減ってきたように感じますし(私は先週半ばぐらいから症状がかなりよくなりました)、頑張りましょう〜(^-^)