Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

これまでに作ったお弁当一覧2(#061〜#120)

 過去ログ掘り起こし目的のお弁当一覧です。お弁当写真をクリックすると詳細記事に移動ます。

 スマートフォンガラケーから閲覧する場合は写真がかなり小さく表示されると思います。パソコン閲覧でちょうどよい感じになるように表を作っています。

 #061〜#120までのお弁当は、2011年4月8日〜2011年6月22日までに作ったもの。




061
062
063
064
065
066
067
068
069
070
071
072
073
074
075
076
077
078
079
080
081
082
083
084
085
086
087
088
089
090
091
092
093
094
095
096
097
098
099
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120



当時を振り返ってみて

 2011年の3月は息子の小学校卒業式がありましたが、余震がまだ多く「いつでも校庭に避難できるように」保護者も子供達もコートを着ていました。

 さらに2011年4月の中学校入学式は、毎年恒例となっていた餅つきが自粛。非常に簡素化された入学式だったとか(毎年恒例どんな賑わいなのか分かりませんが、これはこれで良い入学式だったと思います)。

 入学式の直後、体育館内で保護者はクラス毎に座るように指示され、その場でクラス委員決め。

 小学校のときはなんだかんだとPTA役員をせざるを得ない状況に追い込まれましたが(6年生のときはクジ運最悪で仕事しながら、とある委員の委員長....涙)、中学校は越境入学のため知り合いはゼロ。また積極的に役員を引き受けて下さる保護者が多い校風なのか、あっさりと決まりました。

 仕事も辞めましたが、計画停電やら品不足やらでドタバタしていた毎日。お弁当を見る限りでは、淡々と毎日を過ごしていたように思いますが、どうだったんでしょうね。意外と辛かったことって忘れてしまうものなのかも。

 ただ、びっくりするのは息子のお弁当箱の小ささとその中身。この頃は小食な上に食べるのが遅く「食べる時間が少ししかないからお弁当は少なくして」と毎日言われました。果物が好きだったので、毎日果物入れていました。まるで女子弁のような内容。

 それがいまや....「果物入れるぐらいなら肉を入れて」とダメ出しの毎日です。