Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

いただき物の食材で作った...鮭チーズコロッケ


 元旦に米国在住の叔母からいただいたスモークサーモン(といっても、日本のスモークサーモンとはだいぶ違います。風味はツナ缶?よりも高級で、味は意外と淡泊)と、義姉からいただいた北海道産のホクホクジャガ芋を用いて鮭チーズコロッケを作ってみました。

 作り方はとっても簡単。

 大きめのジャガ芋の皮を剥いたら4等分してラップに包んでレンジで5〜6分ほどチン(楊枝がすっと通るぐらい)。大きめの玉葱1/2個をみじん切りにし、耐熱皿に並べラップをかけてこれもレンジでチン。木べらやマッシャー等でジャガ芋をすり潰したら、玉葱、バター10g、スモークサーモン(適当。ツナ缶だと2個分?切り身だと2切れ分ぐらい?)を加えよく混ぜ合わせます。サーモンに塩味ついているのであえて塩は加えず。

 あら熱をとったらバットに敷き詰め平らにします↓。



 8等分にするための線をナイフや竹串等で引いたら、真ん中を少し押して穴を作り、溶けるチーズを乗せていきます。



 チーズを真ん中にするように形を整え、小麦粉→豆乳→パン粉の順で衣をつけていきます。



 あとは揚げるだけ。今日はべに花油で揚げました。カリッと揚がり、意外とさっぱり。美味しかったです。ちなみに、8個のうち2個はお弁当のオカズ用に冷凍しました。



 チーズがとろーり。チーズは多すぎず少なすぎず。適量がよいです。あ、副菜はひき割り納豆・胡麻・チジミほうれん草の和え物です。