Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#443 青椒肉絲弁当


  • 青椒肉絲(細切り豚肉とピーマンのオイスターソース炒め)
  • セロリ・コーン・ちりめんじゃこの塩コショーソテー
  • ご飯(胡麻

 久々に美味しい青椒肉絲ができました。

 豚肉は生姜焼き用の豚肉を細切りし、酒をふりかけて下味漬けておきます。ピーマンは縦に細切り。タレはオイスターソース・砂糖・淡口醤油。先にピーマンを炒めて一端皿にとりわけておきます。豚肉に片栗粉をまぶし熱したフライパンで焼いていき、火が通ったらピーマンを加え、最後に味付け。手早く炒めるのがコツです。

 しかし、どうして今日の青椒肉絲が美味しくできたのかは不明。ひとつ考えられるのは鉄のフライパン。いつもはテフロン加工のフライパンを使いますが、片栗粉をまぶした豚肉がこびりついてしまいがちです。でも、熱したフライパンにはこびりつきません。

 もうひとつはタレの分量が絶妙だったこと。ただし、残念なことにきちんと計量せず目分量で作っているので....今後安定した味を出せないです。

 とても美味しくできたので、お弁当箱もシーガルに替えました。こうすると青椒肉絲の味がご飯にしみ出して美味しいかなと思ったことと、シーガルは汁漏れしないので安心。あとは、本日のオカズは一点豪華主義なので、シーガルのお弁当箱だとそれなりに格好がつくこと....でしょうか。

 シーガルのお弁当箱は高さがあるので、これが意外とぎっしり入りました。

 ま、でも寒くなりますから、そろそろランチジャーのお弁当箱に詰めてもいいかもしれませんね。来週はお弁当を作らないので再来週ぐらいからでしょうか。