Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#434 ウィンナーとインゲンの塩炒め弁当


  • ウィンナーとインゲンの塩炒め
  • 大根と厚揚げの煮物
  • ゴボウの竜田揚げ
  • プチトマト
  • ご飯(のりたま)

 今日から11月。今朝の冷え込みはこの秋一番だったそうです。

 主菜が予定していたベビーホタテからウィンナーに変わっていますが、特に意味はありません(今朝の気分で)。

 鉄のフライパンでサッと炒めてしまったので、お焦げがいっぱいついてしまいましたが、気にしないでください。そういえば、最近近所のスーパーの雑貨売り場に行ってみても鉄のフライパンは売っていませんね。テフロンのほうが軽くて扱いやすいというのはありますが、強火で一気に炒めたいときはやはり鉄のフライパンとか中華鍋がよいです。

 大根と厚揚げの煮物は昨晩の夕食の残り。ゴボウの竜田揚げ、久しぶりに作りました。昨晩のうちに下味をつけておいたので、今朝は片栗粉をまぶして揚げるだけ。ちょっと味が濃くなってしまいましたが、まぁ、許容範囲でしょう。とっても簡単なのでレシピ残しておきます。


ゴボウの竜田揚げ(ゴボウ1本分)

材料

  • ゴボウ ・・・ 1本
  • ★酒 ・・・ 大さじ2
  • ★薄口醤油 ・・・ 大さじ1と1/2
  • ★みりん ・・・ 大さじ2
  • 片栗粉 ・・・ 適量
  • 揚げ油 ・・・ 適量


作り方
1. ゴボウは5cm幅にカット。太いものは縱に半分に切り、水にさらしておきます。
 
2. ★印の調味料を合わせ鍋に入れ火にかけたらゴボウを投入し、7〜8分煮ます。
 
3. 耐熱皿にゴボウを乗せて、冷めるまで放置。
 
4. 水分をふきとったゴボウに、片栗粉をつけて揚げます。
 


 
 キッチンペーパーで水気をふきとってから衣をまぶすとカリッと揚がります。なお、甘さは加減してください(みりんの量で調整)。ゴボウ嫌いな息子もこれはよく食べてくれます。 好みで唐辛子をかけたマヨネーズにつけて食べても美味しいです。でも、そうすると完全に酒の肴。