Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

8/1の晩ご飯:野菜たっぷり和風ジャージャー麺


  • 野菜たっぷり和風ジャージャー麺
  • 大根とひきわり納豆の和え物
  • 冬瓜・ナメコ・ソーセージの中華スープ

 毎日毎日暑いです。

 本当に暑くて、晩ご飯の支度が苦痛になりがちです。それを少しでも和らげようと....どうしても冷たい麺類になりがちなんですが、昨日もそんな感じの晩ご飯です。

 以前、胡麻ダレの冷やし中華を作りましたが....これが息子には不評。息子のリクエストに応えて「なんちゃって」ならぬ「和風ジャージャー麺」を自己流で作ってみました。

 肉味噌は、豚ひき肉と人参。味付けは生姜汁・酒・味噌・みりん・薄口醤油・砂糖など。とろみを付けるため、水溶き片栗粉を最後に加えています。あとは、千切りした胡瓜にプチトマトをトッピング。薬味が欲しかったので、私はミョウガをパラパラと。




 ジャージャー麺の肉味噌は、定番ですと甜麺醤を使いますが....あれって食欲ないときは少し重いかなって思ったりも。味噌汁に使う味噌を代替えにすると意外とミョウガとの相性も良いですし、さっぱりした印象になります。この和風肉味噌、ご飯にかけても美味しいし、レタスに包んで食べてもオシャレ?。

 副菜は大根と挽き割り納豆の和え物。大根は千切りにし、塩揉みしておきます。水気をきって、そこに挽き割り納豆を加え、納豆のタレと辛子、薄口醤油で味付け。こうすると生の大根でもパクパク入ります。冬瓜のスープはありきたりですが、夏らしいのでよく作ります。味付けは「味玉」と塩と胡麻油で。