Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#393 豚細切れ肉の唐揚げ弁当


  • 豚細切れ肉の唐揚げ
  • カボチャのみりん醤油焼き
  • 人参とエリンギの和え物
  • 枝豆
  • プチトマト
  • ご飯(梅干し)

 本日、夏休み前の最終登校日です。

 午前中で授業は終わりますが、部活があるため息子はお弁当持参。息子からのリクエストもあり、豚細切れ肉の唐揚げを作りました。これはお弁当ではよく登場する揚げ物で、息子の大好物。

 今日使った豚細切れ肉は200g前後。それに対し生姜は2かけ。細切れ肉の脂身の多い部分は取ってしまい、それをお皿に並べます。そこに生姜汁と酒(大さじ1〜1と1/2程度)と塩(適量)を加え少し揉んでからまたお肉を広げます。ラップをかけて冷蔵庫で20分程度放置。

 その間に副菜を作り、最後に唐揚げの仕上げ。市販の粉タイプの唐揚げ粉と片栗粉を1:1の割合で混ぜたものを衣にし揚げていきます。揚げるときのポイントは、お肉はクルクルッと丸める感じで。油の量は多すぎない。油切りをしっかりする....ことぐらいでしょうか。

 生姜汁によって臭みもとれ、またお肉も柔らかくなります。これを揚げるとふっくらジューシー、生姜の風味がきいていて冷めても美味しくなります(生姜を多めに入れるのが好み)。

 この時期ですとビールによく合うかな。鶏の唐揚げよりも短時間で味が染みこみますし、火の通りが早く、コストパフォーマンスが良いです。お弁当のおかず、夕食のおかず、酒の肴になる便利おかずかなと個人的に思います。

 さて、明日から息子は夏休み。

 学校へ持って行く早起きお弁当作りからはしばらく解放されますが、お弁当を作る機会は夏休み中といえども....けっこうあるようなので、引き続きこのブログは更新していきます。たまには昼ご飯などもアップするかもしれません。