Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#328 鮭の塩麹漬け焼き弁当

  • 鮭の塩麹漬け焼き
  • ゴボウの竜田揚げ風
  • 椎茸のチーズオーブン焼き
  • エリンギと枝豆の中華風酢の物
  • プチトマト
  • ゴーヤの漬け物
  • ご飯

 自分でも納得の行く、好物ばかりが詰まったお弁当です。

 鮭の塩麹漬け焼きは加工済みのものを購入しました。グリルで焼き上げますが、皮が焦げやすいので、途中でアルミホイルをかぶせて焦げ目をコントロール

 ゴボウの竜田揚げは、適当な大きさに切ったゴボウを水にさらし、薄口醤油:みりん:酒=1:2:4の割合で調味料を小鍋にうつし、いったん煮立たせてからゴボウを加え、5〜6分煮詰めます。耐熱皿に煮汁ごとあけて冷ましてから片栗粉をまぶして揚げます。甘みはみりんで加減してください。なお、このレシピ、レタスクラブ Vol.747号のP.103にちょこっと紹介されています。

 中華風酢の物は酢の物のタレに胡麻油と胡麻を加えてみました。エリンギはレンジでチン。枝豆と和えるだけですがけっこう美味しかったです。

 ゴーヤの漬け物は、先日漬け物専門店の「丸越」で購入。とても食べやすくて美味。

 明日は息子の体育祭。仕事はお休みですが、5時に起きて息子のお弁当作りに励みます。