Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#281 揚げ鶏とサツマイモのケチャップ和え弁当

  • 揚げ鶏とサツマイモのケチャップ和え
  • タマネギ・人参・コーンのかき揚げの甘辛煮
  • プチヴェールの塩コショー炒め
  • 人参のマヨ胡麻和え
  • プチトマト
  • ご飯(梅干し)

 中学1年生最後のお弁当作りとなります。

 「揚げ鶏とサツマイモのケチャップ和え」は、いわゆる「酢鶏」みたいなものです。片栗粉をまぶして揚げた鶏モモ肉と、予めレンジでチンしておいたサツマイモ(少しフライパンで焼いて焼き色つけます)と、ピーマンをケチャップベースの甘辛タレ(ケチャップに酒・醤油・砂糖を追加)でサッとからめて作ります。

 冷えても意外と美味しかったです(タレの配合とからめ具合が絶妙で....珍しく100%満足しました。これと同じクオリティのものを今後作れるかどうかは....微妙です)。これなら晩ご飯の主菜にもなりそうなので、春休み中にでも一度作ってみようかと思っています。

 「タマネギ・人参・コーンのかき揚げの甘辛煮」は、昨晩作ったかき揚げを一度オーブンで温めてからだし汁でサッと煮ました。息子はあまりタマネギが好きではないですが、こうすると食べてくれます。

 さて、本日が息子弁当今年度最後の日。来年度は4月の始業式以降に息子弁当を作ることになります。おそらくそのときにはランチジャーから曲げわっぱ(2段式)に切り替わっていると思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 春休みの間は自分弁当のみのお弁当作りとなりますが、手抜きの限りを尽くすと思います....。