Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

アサリの酒蒸し


 特売品のアサリを購入し、今日はアサリのすまし汁を作ろうかと思っていました。

 が、急に夫から「夕食いらない」とメールが来まして(しかも夕方6時半過ぎ)、急遽メニュー変更。アサリの酒蒸しを久しぶりに作ってみました。いろいろな作り方があるようですが、私は最初にオリーブオイルでニンニクを炒め、そこにアサリを投入。酒と塩を加えて蓋をして蒸し焼き。仕上げにあさつきをパラパラと。ニンニクはあえて....みじん切りしません。

 醤油ベースで仕上げるレシピもあるようですが、個人的には「オリーブオイル・白ワイン・ニンニク・塩」ベースの味付けが好きです(ただし、このためだけに白ワインを買うわけにもいかないので、今日は料理酒で代用)。

 ちなみに今夜の晩ご飯は、鱈のホイル焼き、ブロッコリーとちりめんじゃこのサラダ、アサリの酒蒸し、やまぶしだけとタマネギの味噌汁でした。アサリの酒蒸しは....ほとんどが息子の胃袋に入ったようです。

 アサリの酒蒸しを食べると、ボンゴレが食べたくなりますね。


 リピート中のオリーブオイル↓。

 イギリス産のオリーブオイルです。オリーブオイル独特の癖がなくて、マイルドな感じで気に入っています。



 リピート中の塩↓。「塩味」を引き立たせたいときに使う塩。高めですが、確かに美味。

フリュードメールドゲランド ゲランドの塩「海の果実」 1kg

フリュードメールドゲランド ゲランドの塩「海の果実」 1kg

 たかが塩、されど塩です。塩なのに甘口なんです。冷やしトマトにパラパラかけると、それだけで塩の違いを感じることができます。