Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

春キャベツと鶏挽肉の水餃子


 今日は息子の誕生日なので、息子の好きなモノを作ろうとリクエストを聞いてみれば....想像通り「水餃子がいい!」とのこと(ま、そうなることを想定して昨日のうちに材料は買いそろえておいたのですが)。

 水餃子用の皮(24枚入り×2パック)、鶏モモ挽肉(200g)、鶏むね挽肉(200g)、春キャベツ(1/4個)、生椎茸(2個)、長ネギ(1/4本)、生姜(2かけ)、人参(これは型抜きしたときに余ったモノ)、片栗粉・豆豉・胡麻油・砂糖・醤油・塩はいずれも適量。ニンニクは使いません。

 野菜はみじん切りにして、お肉とよーく混ぜて包んでいくだけです。焼き餃子のような「ヒダ」をつける必要もないのでとても楽。皮を閉じるときは小麦粉を混ぜた水で閉じると、茹でている途中で爆発しません。




 水餃子はいろいろなバリエーションものを作っていますが、鶏モモ挽肉と鶏むね挽肉の組み合わせが一番美味しいような気がします。ジューシーで癖がなくて、でも旨みがあって、そしてヘルシー! 今回の春キャベツとの組み合わせもよかったと思います。私は酢と辣油で食べました。

 私は8個食べ、明日のお弁当用に10個包み方を変えてキープしました。残りあと30個。夫が12個ぐらいで、息子が18個ぐらいかな(それでも、足らないと言われる)。

 ただし、今回中の餡も少し余りました。それを明日のお弁当に再利用したいのですが、どうやって調理するか....今晩考えます。