Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#231 ベビーホタテとコーンのみりん醤油ソテー弁当

  • ベビーホタテとコーンのみりん醤油ソテー
  • ヒジキの煮物と木綿豆腐の炒め煮
  • ジャコチーズ入り揚げワンタン
  • ピーマンとエリンギの塩コショー炒め
  • プチトマト
  • 赤カブの甘酢漬け
  • 新生姜の甘酢漬け
  • ご飯

 これは1月20日(金)、職場に持って行った自分用のお弁当です。

 息子に作ったお弁当とほぼ同じ中身となっています。ひとつひとつのオカズの量は少ないですが、私には「おかずがいっぱいのバラエティー弁当!」な内容でした。

 ただし、昨日は雪。職場はプレハブの建物の中だったため、暖房をつけていても部屋は温まらなくて、とにかく底冷えしました。休憩は畳のあるお部屋でとりましたが、やはりとても寒くて....お弁当も冷え切っていました。もちろん、電子レンジなしです(曲げわっぱのお弁当箱は電子レンジNGですが)。

 昨日のような状況にこそ、先日購入したサーモスのスープ用のお弁当箱に温かいものを入れていくべきだったと痛感。それに、前日の晩ご飯はシチューだったんですよね。そういうことに全く気がつかないでいました。

 確かに息子の言うとおり、ご飯だけでも温かいと嬉しいし食欲が増します。真冬にお弁当を食べる人の立場になってみて分かる事ってたくさんありますね。

 ということで、寒い間は、息子弁当はずっと保温ジャーに詰め続けます。