Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#230 ベビーホタテとコーンのみりん醤油ソテー弁当

  • ベビーホタテとコーンのみりん醤油ソテー
  • ヒジキの煮物と木綿豆腐の炒め煮
  • ジャコチーズ入り揚げワンタン
  • ピーマンとエリンギの塩コショー炒め
  • プチトマト
  • 赤カブの甘酢漬け
  • ご飯(ゆかりふりかけ)

 これは1月20日(金)に作った息子のお弁当です。

 珍しく平日のバイトが入り、自分弁当と併せ作りました。もともと早起きするつもりでいました(4時半起き)が、東京地方は何を思ったから初雪。多摩地区にカテゴリー分けされる我が家では意外と雪が積もっていたため、さらに早起きし4時15分に起きました。

 お弁当作りについては、前の晩から主菜ぐらいは何を作るか考えています。しかし、雪が降り....そういうことが吹っ飛んでしまい、とにかく冷蔵庫の中を見て作れるだけのもを作った....という感じでしょうか。主菜はベビーホタテなんですが、主菜になりきらない感じです。

 揚げワンタンは息子からの評判が良かったので(刻んだジャコとプロセスチーズの組み合わせ)、余っていたワンタンの皮20枚ほどを使いきりました。このときと同じ「茶巾包み」です。余った分は息子のおやつ用で。

 お弁当が完成したのは5時半。それから身支度して、家を出たのは6時半。しかし雪だけでなく、人身事故も重なり....職場に着いたのは8時半でした。普通なら1時間ちょっとのところなのに、倍近くの時間がかかりました。ただ、毎日通勤・通学している方にとってはこれがごく当たり前のことなんですよね。ホント、ご苦労さまです。

 私も1年前、都内荒川区でフルタイムの仕事をしていたときは、6時半に家を出て通勤していました。通勤は大変だったはすなのに、そういう辛いことはすぐ忘れてしまう性格のようで、昨日はドタバタ。帰宅後ブログの記事を更新するつもりでしたが、疲れ切っていたため早寝してしまったというしだいです。