Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#224 メカジキの味噌漬け焼き弁当

  • メカジキの味噌漬け焼き
  • レンコンと人参のきんぴら
  • インゲン・ハム・コーンの黒酢炒め
  • ひたし豆(市販)
  • 新生姜の甘酢漬け(市販)
  • プチトマト
  • ご飯(子持ち昆布

 味噌漬けが続いています。

 実は、鰆の西京味噌漬け焼きを作った後、鶏肉なども漬け込んで焼いてみたらとても美味しかったので・・・西京味噌・麦味噌(鹿児島の)・みりん・酒・サラダ油をブレンドして味噌床を作りました。味噌の割合は西京味噌:麦味噌=8:2ぐらいでしょうか。そこに、メカジキと銀だら(鍋用に買っておいたものの、食べなかったため)を漬け込んでおきました。前回は西京味噌だけでしたが、それと比べるとやはり味が少し違ってくるようです。味噌ってなかなか奥が深いです。

 味噌漬けが続くなぁーと思いますが、昨晩はカレーだったので特に息子からブーイングは起きていません(しかも、息子の希望で今朝もカレー)。自分で漬ける味噌漬けは、自分がこれまで思っていた以上に美味しかった....というオチです。

 副菜は、今日は作ったもの、市販のものをうまくミックスして時間短縮しました。インゲンに火を通しすぎてしまい(下茹で時間が長かった....)、色鮮かなままで調理できなかったのが残念。