Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

居酒屋みたいな晩ご飯メニュー

 ネットの不具合や、今日は友人と下北沢へ出かけケーキなどを食べてしまったため、晩ご飯は一皿盛りにしました。

 夫は出張で不在のため、息子とふたりの晩ご飯。基本、我が家では1人ずつ盛りつけしますが、たまにはこういう一皿盛りの居酒屋風オカズも新鮮で....作っていて楽しかったです。

 まずは、ポテトサラダ。ジャガ芋・人参・キュウリ・ハムが入っています。野菜(特に人参)が多めです。味付けは塩ドレッシングとマヨネーズのミックス。マヨネーズだけよりも大人向けの味です(塩ドレッシングといいながら、塩よりも酢の風味が強いです)。





 お次は、大根・人参・豚肉・ジャコの炒め煮。これは今朝お弁当のオカズに作ったもの





 メインは、鶏むね肉のタラコ巻。これは何かのお弁当レシピ本を見て作りました。鶏むね肉の中にタラコを一本そのまま入れて巻いていき、最後は紐で形を整えます。それから蒸してみました。蒸すことによって、タラコの塩分がお肉に染みこむようですね(なので、お肉には下味つけていません)。

 正直どんな味になるか不安でしたが、意外にも美味しかったです。これの応用で明太子だとピリッとして日本酒に合いそうな気がしました。下ごしらえ必須ですが、確かにお弁当のオカズにも良さそうですね。





 最後は、本当に酒の肴。以前、炊き込みご飯でご紹介した「むかご」を油をひいたフライパンで煎る感じで炒め、塩をふっただけのものです。これがなかなか癖になる美味しさで....。息子も私もポリポリ食べました。食感はコリコリ、もしくは揚げた山芋のような「もっちりホクホク」。





 半分に割ると、こんな感じです。お芋です(息子に持ってもらいました)。





 そして、本当に今日のお供は、ビールで....。