Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#210 豚細切れ肉の生姜炒め弁当

  • 豚細切れ肉の生姜炒め
  • 南瓜のおかか
  • スナックエンドウ・マッシュルーム・海老の塩炒め
  • プチトマト
  • ご飯(十六穀米)

 昨日、学校から帰宅した息子にランチジャーの感想を聞いてみました。

 「ご飯は冷たくなかった。だけど、ご飯の量が多かった。」....「ご飯が温かかった!」と素直に言わないところが私似の息子らしいですが、しっかり完食してきました。最近急に身長も伸びて育ち盛りなこともあるので、しばらくは息子の「ご飯の量が多かった」という意見は無視して、お弁当作りに励みたいと思います。

 さて、今日の主菜は「豚細切れ肉の生姜炒め」です。「早い話が、豚の生姜焼きでしょ〜?」と思われるかもしれませんが、生姜焼き用のロース肉を使わないこと、油をあまり使わないのが大きな違いです(以前、お弁当のオカズに豚の生姜焼きを作ったら「冷えると脂の塊みたいでイマイチ....」と言われました)。

 昨晩、タレ(生姜汁多め・酒多め・薄口醤油・みりん)に漬け込んでおきました(ジップロックやビニール袋に入れて漬け込むと楽ちんです)。それを今朝、フライパンで焼いていきますが、焼いているときに肉汁をクッキングペーパーで拭き取ってしまいます。そうすることでお肉が固くならず、また味が濃くなりすぎません。味見してみましたが、豚の生姜焼きよりも淡泊で炒め煮に近い感じでした。

 南瓜の煮物は昨晩煮ましたので今朝はレンジで水分を飛ばしてから詰めるだけ。たくさん作ったので、アレンジメニューを含めて、しばらく南瓜が続くと思います。