Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

むかごご飯をSTAUB(ストウブ)の鍋で炊く


 八百屋さんで「むかご」が手に入ったので、むかごご飯を作りました。

 むかごは、自然薯や山芋の葉の付け根できる小さな球芽のことを言うそうです。旬は関東では11月。いままさに旬ということですね。もっちりとした芋のような食感ですが、私には山と秋の味がします(?)。秋になると、どうしても食べたくなるのが「むかごご飯」だったりします。茹でて塩をふって食べたりもしますが、そうするとしっかり酒の肴....かな。

 さて、むかごご飯を作ろうと思っても、レシピが曖昧。そこで、こことは別の自分のブログを検索し、レシピをゲット。多少レシピを手直ししましたが、結構美味しくできたので作り方を残しておきます。



むかごご飯の作り方STAUBのピコ・ココット22cm鍋を利用)


材料

  • むかご(200g)
  • 白米(4合)
  • だし汁(800ml)
  • 酒(大さじ3)
  • みりん(大さじ2と1/2)
  • 塩(小さじ1と1/2) ※塩分入りのだし汁を使っているので、塩は加減してください。
  • ダシ昆布(10cm四方のものを1枚)


作り方  ※STAUB(ストウブ)の鍋でのご飯の炊き方はこちらを参照ください

  • むかごをよく水洗いしてザルにあけておきます。
  • 米を研いで15分ほど浸水させてからザルにあけておきます。
  • STAUBの鍋(私は22cmを使用)に米、だし汁、酒、みりん、塩、むかごを入れ、全体を混ぜ合わせます。
  • 最後に昆布を入れて、鍋を火にかけます。最初は中火ぐらいの火加減にしておき、5cmぐらいの隙間をあけて蓋をします。
  • グツグツと沸騰したら、蓋をして火をトロ火にします。
  • 10分経ったら火を消して、そのまま10分ほど蒸らしたら出来上がり。


 ちなみに晩ご飯のオカズは、豚ロース肉とキャベツのピリ辛味噌炒め(主菜)、海老とサツマイモの胡麻マヨサラダ、カブの味噌汁、むかごご飯でした。....サンマなどの焼き魚、酢の物の組み合わせのほうが合うような気がしましたが、むかごご飯作りで力尽きました(というか、今日は買い物に行っていないため、残り物食材調理デーでした)。



[rakuten:milkycorn:10000401:detail]

[rakuten:suppshop:10045254:detail]