Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

餃子の餡が余ったときのリメイク料理アイディア

  • 餃子の餡が余ったときのリメイク料理アイディア→ 「餃子の餡と大根のピリ辛味噌炒め

 本日は、先週土曜日の振替休日のため学校はお休み。お弁当作りもお休みでした。

 お弁当の話題から少し離れて、ちょっとしたリメイク料理の話をしてみようと思います。

 一昨日の晩、水餃子を作りました。餃子の餡には、キャベツ・椎茸・豚挽肉・生姜・葱・ニンニク・甜麺醤・片栗粉を入れました。大量に作ってしまったので、餃子の餡が余ってしまい、とりあえずそれを冷凍することに。

 「何か再利用する方法がないか」と考えましたが、ちょっとヘルシーな酒の肴系のものを作ってみることにしました。餃子の餡には予め味がついているので、加えたものは味噌と豆板醤のみ。甜麺醤が甘みがあるので、加えたのはごくごく普通のお味噌です。酒の肴ですので、豆板醤は多めに入れてみることにしました。

 大根はサイの目に切り、ひとつまみのお米を出しパックに入れて一緒に茹でます(こうすると大根の苦みや灰汁が抜ける)。大根が透き通ってきたら、ざるにあけます。中華鍋に胡麻油を注ぎ入れ(小さじ2ぐらい)、餃子の餡を炒め、その次に大根を投入。全体に馴染んできたら、味噌と豆板醤(加えた量は適当でした。計量してませんが豆板醤は多め)を加え、味を調えて出来上がり。葱の千切りを散らして盛りつけ完了です。

 今回は酒の肴ということで考えてみましたが、あとは純粋に麻婆豆腐にも活用できます。その応用で、トマトと一緒に炒めて麻婆豆腐風の味付けをするとまた美味しいです。餃子の餡と春雨とインゲンを一緒に炒めても美味しそう....。美味しい想像は永遠に続きます。