Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#073 青椒肉絲弁当

  • 青椒肉絲
  • 切り干し大根の煮物
  • サツマイモのレモン煮
  • 赤カブの甘酢漬け
  • 白米(ゆかりふりかけ)

 月曜日、中学校に通う息子に作ったお弁当です。

 恥ずかしながら、今朝作ったおかずはありません。全て常備菜、及び昨晩作ったおかずを活用しました。

 青椒肉絲は珍しく美味しくできたのですが、実はお肉は生姜焼き用の豚肉。一昨日の夕食が生姜焼きで、そのときに薄口醤油、生姜の絞り汁(大量)、酒、みりんで豚肉を漬け込みました(ジップロックに調味液を入れて20分放置)。ただし、お肉が大量にあったので、全て調理せずに、さらに漬け込みました。それを細切りにし、片栗粉をまぶし、油を多めに入れた中華鍋で炒めました。

 炒めるときは、最初はかき混ぜず、お肉を揚げる感覚でしばらく放置。焦げ目がついたら裏返しにし、しばらく焼いて最後に全体がほぐれるようにかき混ぜました。それを油ごとお皿にあけてしまい、再度油(ごま油)を投入し、ニンニク、ピーマン、エリンギ(本来ならタケノコですが、今回はエリンギで)を炒め、最後にお肉投入。全体に味を馴染ませてできあがり。片栗粉のとろみがでるので、意外とお弁当向きなオカズのような気がしました。ちなみに味付けは、塩、薄口醤油のみ。

 たまには、こういう手抜き弁当を作らないと....後が続かないです。