Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#039 車麩とひき肉の炒め煮弁当

  • 車麩とひき肉の炒め煮
  • 煮豆(市販)
  • プチトマト
  • 赤かぶの甘酢漬け(市販)
  • 白米(のりたまふりかけ)
  • めかぶスープ(フリーズドライ
  • バナナ(写真には写っていません)

 金曜日、職場に持参したお弁当です。

 昨晩オカズを作り過ぎ、まるまるそれを活用したお弁当なので調理時間はゼロ(電子レンジでチンのみ)。詰める時間に10分ほどかかりました。

 車麩は予め水につけて柔らかくし、生姜汁をかけてます。それから片栗粉をまぶして揚げます。中華鍋でネギ、ひき肉、ニラを炒めてから中華スープ、醤油、豆板醤、砂糖を加えて煮ます(麻婆豆腐を作る感じ)。その後、車麩を加えて馴染ませ出来上がり。車麩はモチモチした食感が好きで、煮物以外にもいろいろ活用しやすい乾物だと思います。

 このお弁当箱は和雑貨屋で一目惚れして購入したものですが、意外なほど入りません。ご飯は私が食べる小さめの茶碗一杯ほど。オカズ入れは高さがないので、揚げ物等だと厳しいかもしれません。女性向きなお弁当箱です。それでも、このお弁当箱の強みは、蓋がお椀になること。スープを持参することができるので、具沢山のスープを活用すれば、それで十分かもしれません。

 ここには写っていませんが、バナナと野菜ジュースも持参しています。

 さらに、お椀型のお弁当なのでバックの中に入れておくと安定が悪いです。ラッシュ時間等にバックの中でコロコロしてしまう可能性があるので、本日はランチバックにお弁当を入れました。


[rakuten:zakkaz:10002070:detail]