Obento Diary

息子弁当と自分弁当の記録。

#011 メカジキの照焼き弁当

  • メカジキの照焼き
  • 根菜とベーコンの塩煮(人参、蓮根、大根)
  • ちぢみほうれん草の胡麻和え
  • 煮豆(市販)
  • プチトマト、キウィ
  • ゆかりおにぎり

 金曜日、職場に持参したお弁当です。

 煮物は昨晩作ったものを取り置き、再利用しています。ベーコンは予め霜降り処理することでアクを出にくくし、旨みを閉じ込めました。蓮根は職場の同僚からいただいたもの。新鮮な蓮根で美味しかったです。煮物は水分が出やすいので、サランラップをしないで電子レンジでチンしています。

 ちぢみほうれん草は冬季限定の、ちりちりした葉っぱが特徴のほうれん草。アクが少なく甘みが強いので、ちぢみほうれん草をみかけるとついたくさん買ってしまいます。昨晩ちぢみほうれん草のおひたしを作ったので、これは茹でたものを取り分け。今朝は胡麻和えにしてみました。ちぢみほうれん草はさっと茹で、冷水に浸すと美味しいです(私個人が思うことですが)。

 メカジキの照焼きですが、実は機能の夕方、値引きになっている3切れ入りのものを発見。2切れは息子と私でステーキ風にして食べましたが、あまりの厚さで火が通りにくかったので、今朝は半分に薄く切りました。塩をして小麦粉をまぶしてオリーブオイルで焼き最後にみりん醤油で味付け。冷えても美味しかったです。やはり「魚の照焼き」というのはお弁当に向くオカズなんだと再認識しました。

 今朝はメカジキを焼くだけだったので、時間的に余裕があり、おにぎりを作りました。おにぎりにした方がオカズがいっぱい入りますね。